毎日クラシック 公式ブログ
過去のクラシック・ヨコハマ
宮島永太良さん、今年も「生きる」イメージ原画を製作

全日本学生音楽コンクール70回・クラシック・ヨコハマ10回記念公演〜横浜音祭り2016

概要

1947年創設の「全日本学生音楽コンクール」は、名だたる音楽家を輩出している国内最高峰のクラシック音楽コンクールです。
2016年に、コンクール第70回と横浜での全国大会開催10年を迎えるにあたり、過去10年の入賞者を集めたガラ・コンサートを開催します。
世界のトップへ飛躍目前の才能、めきめきと伸び盛りの才能ら、国内外で活躍する若手アーティスト12人が終結。ピアノ、バイオリン、声楽、フルートのソロ曲、ピアノ連弾、2台バイオリン、弦楽六重奏など多彩なプログラムでお届けします。 今だけしか聴けない、そして今だからこそ聴きたい、価値ある演奏がぎっしり詰まったコンサート。お聴き逃しなく!

詳細

日時

2016年11月20日(日)
15:00開演(14:30開場)

会場

横浜みなとみらいホール 小ホール
(東急東横線、みなとみらい線「みなとみらい」駅 徒歩3分)

出演

【フルート】
脇坂 颯
【声楽】
野々村 彩乃
【ピアノ】
務川 慧悟
【ピアノ連弾】
森本 隼太務川 慧悟
【バイオリン】
吉田 南
山根 一仁
【2台バイオリン】
吉田 南山根 一仁
【弦楽六重奏】
ラ・ルーチェ弦楽八重奏団からメンバー6人
大江 馨 / 城戸 かれん / 有田 朋央 / 田原 綾子 / 伊東 裕 / 笹沼 樹
(出演順)
※演奏曲目は各出演者のプロフィール下部に併記しています。

チケット情報

料金

全自由席2,600円(税込)

※やむを得ない事情により公演内容等が変更になる場合がございます。
※未就学児童も入場できます。
※託児サービスのお問い合わせ
株式会社 明日香(あすか)
電話045-316-5539(平日9時〜17時/土9時〜12時)

申し込み方法

【前売り開始】
7月9日(土)より発売

【チケットぴあ】
電話予約:0570-02-9999(音声自動応答) 
Pコード 299-343

【横浜みなとみらいホールチケットセンター】
(TEL 045-682-2000)

お問い合わせ

毎日新聞社事業本部
電話03-3212-0804(平日10時〜18時)

主催・協賛

主催:毎日新聞社
横浜アーツフェスティバル実行委員会/横浜みなとみらいホール(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団):毎日新聞社

出演者プロフィール

わきざか ふう
脇坂 颯

フルート

第68回中学校の部、第69回高校の部1位
1999年生まれ。6歳よりフルートを始める。兵庫県立西宮高等学校音楽科2年。兵庫県宝塚市在住。 第18回 びわ湖国際フルートコンクール アドヴァンス部門 第1位
第68回 全日本学生音楽コンクール フルート部門 中学校の部 第1位
第24回 日本クラシック音楽コンクール フルート部門 中学校の部 第1位、グランプリ
第4回 三田ユネスコフルートコンクール 一般部門 第1位、オーディエンス賞
第69回 全日本学生音楽コンクール フルート部門 高校の部 第1位 などの各賞を受賞。
クラシック・ヨコハマ2013サロンコンサート、ミュージックグランプリフェスティバル(2014)、第13回 日本フルートフェスティバル in 松江、次代へ羽ばたく若きアーティストたち(2016)などに出演。
2015年 2月、11月に兵庫県より、「ゆずりは賞」を授与される。
フルートを対馬潤、山腰直弘、長谷場純一の各氏に師事。

【演奏曲目】ピアノ:新居幸枝
♪タファネル:ミニヨンの主題によるグランド・ファンタジー

ののむら あやの
野々村 彩乃

声楽

第63回高校の部、第66回大学の部1位
山口県下関出身、幼少期から歌が好きで下関少年少女合唱隊に入隊。専門的に勉強しようと広島音楽高校、大阪音楽大学にて声楽を学ぶ。その後東京二期会オペラ研修所に編入。大学1年時にベートーベン作曲「第九」のソプラノソリストを務める。2013年には初のリサイタルを大阪で行う。東日本大震災チャリティコンサートを関東地区の学生と協力し行う。また伊勢神宮で奉納演奏など在学時より積極的に演奏活動を行った。
コンクールでは日本の学生の登竜門である全日本学生音楽コンクール2009年高校の部と2012年大学の部史上初の2度の優勝。選抜高校野球大会(甲子園)・2014年プロ野球オールースター戦(甲子園)・都市対抗野球大会(東京ドーム)・甲子園ボウル(甲子園)・東京都民体育大会(東京体育館)・富士ゼロックススーパーカップ2015(日産スタジアム)・FIA世界耐久選手権第6戦・富士6時間耐久レース(富士スピードウェイ)・ねんりんピック山口など式典での出演も多い。また2016年3月29日にはカーネギーホール(ニューヨーク)でのリサイタルを行い、今後国際的にも活躍が期待されている。
今までに五十嵐美紀子、白石盾紀、マルギット・クラウスホーファー、田中由也各氏に師事する。

【演奏曲目】ピアノ:橋川 亮
♪ベッリーニ:歌劇「ノルマ」から 清らかな女神よ

むかわ けいご
務川 慧悟

ピアノ

第62回中学校の部1位
1993年生まれ。第62回全日本学生音楽コンクール中学校の部全国大会第1位、野村賞、井口愛子賞、音楽奨励賞受賞。第81回日本音楽コンクール第1位、野村賞、井口賞、河合賞受賞。
東京藝術大学2年在学中の2014年パリ国立高等音楽院に審査員満場一致の首席で合格し渡仏。現在、同音楽院にて研鑽を積む。
第25回エピナル国際ピアノコンクール(フランス)第2位。国内では、第14回松方ホール音楽賞、東京藝大学内において、アリアドネ・ムジカ賞、第3回秋吉台音楽コンクール室内楽部門第1位、などの受賞歴がある。
これまでに、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、フランスにてロレーヌ国立管弦楽団などと共演。ソロ、コンチェルト、室内楽と幅広く演奏活動を行っている。
2012.13.14年度ヤマハ音楽振興会音楽支援奨学生。2015年度公益財団法人ロームミュージックファンデーション奨学生。
現在、フランク・ブラレイ、上田晴子、テオドール・パラスキヴェスコ、青柳晋、横山幸雄の各氏に師事。

【演奏曲目】
♪バッハ:イタリア協奏曲 ヘ長調 BWV971
♪リスト:バラード第2番 ロ短調 S.171
♪ラフマニノフ: 6つの小品 作品11から2.スケルツォ 6.賛歌(ピアノ連弾)

もりもと しゅんた
森本 隼太

ピアノ

第69回小学校の部1位
京都府・京都教育大学附属桃山小学校6年
2004年12月生まれ。京都府宇治市在住。3歳よりピアノを始め現在 浅井千鶴、関本昌平の各氏に師事。また福井尚子氏に指導も受ける。
2011年 ピティナ・ピアノコンペティション全国決勝大会A1級ベスト33賞
2013年 ピティナ・ピアノコンペティション全国決勝大会B級ベスト39賞
2014年 ピティナ・ピアノコンペティション全国決勝大会C級金賞
2015年 第29回京都芸術祭音楽部門にて亀岡市民新聞平和・未来賞受賞
2015年 第69回全日本学生音楽コンクールピアノ部門小学生の部全国大会第1位 野村賞、井口愛子賞、毎日小学生新聞賞、横浜市民賞受賞
2015年 JEUGIA Presents ちいさなピアニストコンサート ソロリサイタルに出演
2016年 みやこの文化まゆまろ賞受賞(京都府知事表彰)
2016年 第2回京都ゆかりの若き演奏家たちによる協奏曲演奏会に出演

【演奏曲目】
♪ラフマニノフ: 6つの小品 作品11から2.スケルツォ 6.賛歌(ピアノ連弾)

よしだ みなみ
吉田 南

バイオリン

第64回小学校の部、66回中学校の部1位
奈良県天理市出身。5才よりバイオリンを学び、現在桐朋女子高等学校音楽科3年にキャンパス特待生として在学中。2010・2012年「第64・66回全日本学生音楽コンクール」小・中学校の部それぞれ第1位、東儀賞・兎束賞・音楽奨励賞受賞。2014年「第83回日本音楽コンクール」バイオリン部門第1位、全部門中最も印象的な演奏に授与される増沢賞ならびに、岩谷賞(聴衆賞)・E.ナカミチ賞・レウカディア賞・鷲見賞を受賞。2015年にはフィンランドにて開催の「第11回シベリウス国際コンクール」に出場、最年少ファイナリストとして注目を浴び、ヘルシンキフィルハーモニー管弦楽団(指揮:ヨン・ストルゴールズ)・フィンランド放送交響楽団(指揮:ハンヌ・リントゥ)とシベリウスおよびチャイコフスキーの協奏曲を協演。その模様がフィンランド国営放送にて放映され、国民に最も愛され支持される演奏として視聴者投票で最高票を獲得。国内では大阪フィル・京都市響・東京響・東京フィル・神奈川フィル等々メジャーオーケストラとの協演多数。またソロリサイタルの他、マキシム・ヴェンゲーロフ氏との協演、NHK交響楽団首席奏者やピアニスト清水和音氏とのコンサートのほか、シュエット弦楽四重奏団第1バイオリン奏者として活動。岡本智紗子、岩谷(鷲尾)悠子、原田幸一郎の各氏に師事、また室内楽を原田幸一郎、山崎伸子、磯村和英各氏に師事している。公益財団法人ロームミュージックファンデーション2014年度・2015年度奨学生。

【演奏曲目】ピアノ:梅村 祐子
♪サン=サーンス/イザイ編:ワルツ形式の練習曲による奇想曲 作品52-6
♪ヴィエニャフスキ:「ファウスト」による華麗なる幻想曲 作品20
♪サラサーテ:ナヴァラ(2台バイオリン)

やまね かずひと
山根 一仁

バイオリン

第63回中学校の部1位
1995年生まれ。2010年、中学校3年在学中に第79回日本音楽コンクール第1位、レウカディア賞、黒柳賞、鷲見賞、岩谷賞(聴衆賞)、並びに全部門を通して最も印象的な演奏・作品に贈られる増沢賞も受賞。同コンクールで中学生の1位は26年ぶりの快挙。以後、桐朋女子高等学校音楽科(共学)に全額免除特待生として迎えられ、2014年3月首席卒業。
高校在学中から活発なソロリサイタルの他、宮ア国際音楽祭、グレートマウンテン音楽祭GMMFS(韓国)、武生国際音楽祭、パブロ=カザルス音楽祭(フランス)、プロジェクトQ、ヴィオラスペース等国内外のマスタークラス、音楽祭にてソロ及び室内楽共に研鑽を積み、音楽賞、ディプロマ等多数受賞。これまでに秋山和慶、井上道義、大友直人、川瀬賢太郎、高関健、広上淳一、山田和樹等各氏とNHK交響楽団、新日本フィル、東京交響楽団、日本フィル、東京フィル、東京シティフィル、アンサンブル金沢、東京都交響楽団、名古屋フィル、大阪フィル、京都市交響楽団、札幌交響楽団、群馬交響楽団等と共演を重ねる。
高校在学中よりベルリン・フィル五重奏団、M ・ヴェンゲーロフ氏との共演、トッパンホール『エスポワールシリーズ』に最年少で抜擢される等注目を集め、エスポワールシリーズでは2014年3月Vol.1/無伴奏ソロリサイタル、2015年7月Vol.2/弦楽アンサンブル(シュニトケ、ショスタコーヴィッチ、ヴィヴァルディ)いずれも圧倒的な演奏で満場の喝采を浴びた。2016年にはソロリサイタルの他、山田和樹指揮バーミンガム市交響楽団(チャイコフスキー)、井上道義指揮東京交響楽団(伊福部昭作品)との共演等が決まっている。
テレビ・ラジオへの出演も2015-16東急ジルベスターコンサート(テレビ東京、BSジャパン)NHK『ららら♪クラシック』、NHK-FM 2012年スタート『リサイタルノヴァ』第一回ゲスト、『名曲リサイタル』テレビ朝日『題名のない音楽会』等多数。
2010年年度横浜市教育委員会表彰。第60回横浜文化賞文化芸術奨励賞最年少受賞。岩谷時子音楽財団『Foundation for youth 賞』受賞。2010年〜12ヤマハ音楽振興会音楽支援対象者、2012,13年度ロームミュージックファンデーション奨学生。現在江副記念財団奨学生。2015年度青山音楽賞新人賞受賞。2015年度第26回出光賞受賞。これまでに故富岡萬、水野佐知香両氏、桐朋学園大学ソリストディプロマコース(全額免除特待)にて原田幸一郎氏に師事。現在ドイツ国立ミュンヘン音楽大学にエクセレンツクラス特設カリキュラムで迎えられ、クリストフ・ポッペン氏のもと、さらに研鑽を積む。

【演奏曲目】
♪バルトーク:無伴奏バイオリンソナタ
♪サラサーテ:ナヴァラ(2台バイオリン)

ラ・ルーチェ弦楽八重奏団からメンバー6人

弦楽六重奏

大江 馨(おおえ かおる) バイオリン
第82回日本音楽コンクール第1位。これまでにNHK交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、東京シティフィルハーモニック管弦楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団等と共演。現在、ドイツのクロンベルクアカデミーにてクリスチャン・テツラフ氏に師事。

城戸 かれん(きど かれん) バイオリン
2010年、東京芸術大学附属高等学校在学中に、第14回松方ホール音楽賞、第79回日本音楽コンクール第2位を受賞。2016年、カール・ニールセン国際ヴァイオリンコンクール第4位。全日本学生音楽コンクール、ミケランジェロ・アバド国際ヴァイオリンコンクールにて第1位、ジョルジュ・エネスコ国際コンクールにて特別賞を受賞。日本フィル、バーデン=バーデン・フィル、都響、宮崎国際音楽祭管弦楽団等と共演。これまで、三戸泰雄、原田幸一郎、漆原朝子、堀正文の各氏に師事。徳永二男、川崎雅夫、田野倉雅秋の各氏の指導を受けている。現在、東京芸術大学4年在学中、学内にて福島賞、安宅賞を受賞。2014年度より江副記念財団奨学生。

有田 朋央(ありた ともひろ) ビオラ
大阪府出身。幼い頃からヴァイオリンを学び、15歳の頃にヴィオラに出会う。2014年セシール・アロノヴィッツ国際ヴィオラコンクール(イギリス)のファイナリスト。ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール第2位受賞。ヴェルビエ音楽祭(スイス)、ルツェルン音楽祭(スイス)、宮崎国際音楽祭、北九州国際音楽祭、ル・ポン音楽祭、小澤国際室内楽アカデミー奥志賀、佐渡裕とスーパーキッズオーケストラ、ブーレーズ追悼演奏会(スイス)等に、参加また出演。これまでソリストとして藝大フィルハーモニア、コジマ・ムジカ・コレギア、バーミンガム音楽院ストリングスオーケストラ等と共演。現在、東京芸術大学4年在学中。市坪俊彦氏に師事。

田原 綾子(たはら あやこ) ビオラ
東京音楽コンクール弦楽部門第1位及び聴衆賞、ルーマニア国際音楽コンクール全部門グランプリを受賞。JTが育てるアンサンブルシリーズ、宮崎国際音楽祭、武生国際音楽祭、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」、NHK-BSプレミアム「クラシック倶楽部」等に出演。読売日本交響楽団、東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団と共演。CHANEL Pygmalion Days室内楽アーティスト。2015、2016年度ローム音楽財団奨学生。これまでに橋本都恵、井上淑子、鈴木康浩、室内楽を原田幸一郎、毛利伯郎、三上桂子、藤井一興、山崎伸子、磯村和英の各氏より指導を受ける。現在、桐朋学園大学音楽学部にて岡田伸夫、藤原浜雄の各氏、2016年10月よりパリ・エコールノルマル音楽院にてブルーノ・パスキエ氏に師事。

伊東 裕(いとう ゆう) チェロ
奈良県出身。日本音楽コンクールチェロ部門第1位受賞、徳永賞受賞。これまでに長岡京室内アンサンブル、関西フィル、日本センチュリー交響楽団、神戸市室内合奏団、藝大フィル他オーケストラと協演。小澤国際室内楽アカデミー、音楽塾オーケストラ、また中之島国際音楽祭、武生国際音楽祭、ムジークフェストなら、北九州国際音楽祭等に参加。NHK-FMリサイタル・ノヴァ、クラシック倶楽部などに出演。これまでに斎藤建寛、向山佳絵子、山崎伸子、中木健二各氏に師事。東京藝術大学音楽学部を首席で卒業、同大学院音楽研究科修士課程に進学し、現在ザルツブルクモーツァツテウム音楽院にてエンリコ・ブロンツィ氏に師事。

笹沼 樹(ささぬま たつき) チェロ
全日本学生音楽コンクール第1位及び日本放送協会賞、ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール第1位、日本音楽コンクール入選。Music Alp、北九州国際音楽祭、十勝音楽祭、Melbourne Cello Festival、Piatigolsky International Cello Festival等に参加。霧島国際音楽祭賞を受賞。これまでにマキシム・ヴェンゲーロフ、イヴリー・ギトリス、2cellosらと共演。新日本フィルハーモニー交響楽団等のオーケストラと共演。桐朋学園ソリストディプロマコース、並びに学習院大学独文科4年在学中。ヤマハ音楽奨学生、ロームミュージックファンデーション奨学生。現在堤剛氏に師事。

【演奏曲目】
♪チャイコフスキー:弦楽六重奏曲「フィレンツェの思い出」ニ短調 作品70から 第1楽章、第4楽章

トップページへ戻るページのトップへ戻る