毎日クラシック 公式ブログ
過去のクラシック・ヨコハマ
宮島永太良さん、「生きる」イメージ原画を製作

宮島永太郎さん、今年も「生きる」イメージ原画を制作!

元気が出ますように


2013年ポスター作品

「生きる」コンサートでは、神奈川県小田原市出身の美術家、宮島永太良 (えいたろう)さんがイメージ画を制作している。横浜美術館協力会の評議員も務め、絵画のほかにロゴマークのデザイン、オリジナルキャラクターのデザイン、作詞・作曲、エッセイなど幅広い活動を精力的に行っている。

8月16日〜18日に静岡県裾野市の裾野カンツリー倶楽部で行われたゴルフのシニアツアー「ファンケルクラシック」では、会場内にウサギをデザインしたキャラクター「マルタ」を紹介するブースを設置。多くの親子連れが訪れ、クレパスやシールでブース内の壁面に設けたお絵かきボードを賑やかに彩った。着ぐるみのマルタも登場し、子どもたちの笑顔があふれる会場となった。

宮島さんは07年に「生きる」に賛同。それ以来毎年、病気と闘う子どもたちをはげまそうと、「明るく、楽しく、元気が出る」絵を描いている。

作品はコンサートのプログラムの表紙やポスターに使われており、コンサート終了後には、地元の医療施設患者・家族の滞在施設などに寄贈している。

宮島永太良 プロフィール

ファンケルクラシック2013写真

神奈川県小田原市出身
和光大学人文学部、早稲田大学第二文学部卒業
美学校細密画教場終了
横浜美術館協力会評議員 小田原あらたま会会員

1999年より画廊での個展の他、バー、ライブハウス、店舗などでも発表。
グループ展・団体展・イベントにも多数出品。
文筆、ロゴマーク等のデザインも手がける。

1999年:「KOREA+JAALA・ソウル展」に参加、ソウル市立美術館に展示
2003年: 西洋近代美術のエッセイおよび自身の画集からなる「発見美術館」発行
2004年: ジェイトリップアートギャラリー主催「新宿アルタ・アートグッズ販売&コンテスト」において『携帯ストラップ部門』準優勝
2006〜2010年:「政経文化画人展」において芸術議員連盟奨励賞を受賞
2008年:「妙な絵物語」(生活の友社)発行
2008年〜2010年:テレビ番組「アート夢ぽけっと」で著書の「妙な絵物語」を紹介
2008年より毎年:「クラシックヨコハマ〜若い命を支えるコンサート」テーマ画制作
神奈川県立子ども医療センター等の医療機関に原画を寄付
2010年 上海美術館および上海オペラハウスギャラリーにて個展開催
大阪大学医学部付属病院の絵画療法研究協力の為、絵画を寄付
2011年 パリの「アートスペースギャラリー」で絵画展を開催

これまでの主な個展会場

ギャラリー代々木(渋谷区)、同時代ギャラリー(京都市) 東京會舘ギャラリー(千代田区)、ギャラリー新九郎(小田原市) ギャラリーなつか(中央区)、ジェイトリップアートギャラリー(中央区)、泰明画廊(中央区) 上海美術館(中華人民共和国)、上海オペラハウスギャラリー(中華人民共和国)、丸善・日本橋店3階ギャラリー(中央区)、エクセルシオールカフェ新橋二丁目店(港区)、万国橋ギャラリー(横浜市)、ピローズギャラリー(中央区)で作品常設

ホームページ

宮島永太良ホームページ
「マルタの冒険」ホームページ

トップページへ戻るページのトップへ戻る
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は毎日新聞社またはその情報提供者に属します。