毎日クラシック 公式ブログ
過去のクラシック・ヨコハマ
宮島永太良さん、今年も「生きる」イメージ原画を製作

コンサートシリーズ紹介

コンセプト

「クラシック・ヨコハマ」は、全日本学生音楽コンクール全国大会の出場者をはじめとするデビュタント(若手演奏家)が、様々なコンサートを通じて音楽をお届けするクラシック音楽のイベントです。
100以上の公演を、デビュタントの誕生(全日本学生音楽コンクール全国大会)、デビュタントの輝き(スペシャル・セレクション)、デビュタントの躍動(アットホーム・コレクション)の3つのカテゴリーに分け、それぞれのステージで若い才能の活躍をご覧いただけます。
楽壇の輝くデビュタントたちが、このステージでの経験を通して自己を磨き、やがて世界へと飛躍して欲しい、との願いを込め開催しています。

クラシック・ヨコハマの楽しみ方

若さあふれるフレッシュな演奏

出演者の多くが、クラシック・ヨコハマの中心となっている「全日本学生音楽コンクール」の出身者。
観客を前に演奏する喜びを感じ始めたばかりのフレッシュな面々がステージに立ちます。加えて「生きる〜2018New Year 若い命を支えるコンサート」では全日本学生音楽コンクール出身のビックアーティストも演奏会をサポート。皆さまに華やかな舞台をお届けします。

新しい才能の発見

クラシック・ヨコハマには、お客様に演奏を楽しんでもらうだけでなく、新しい才能を発見する楽しみもあります。その才能の伸びゆく姿を目撃し、観客として彼らを育てる喜びを感じることができます。

各コンサート詳細

デビュタントの誕生

第71回全日本学生音楽コンクール全国大会in横浜

全国の才能がここに集結。晴れの舞台で大きく花開く小さな音楽家たちの活躍をぜひご覧ください。
聴衆賞である「横浜市民賞」を選ぶ選定員は、9月以降募集案内をいたします。
※横浜市内在住、在勤、在学の方対象。
横浜市文化観光局HP

デビュタントの輝き

生きる〜2018New Year 若い命を支えるコンサート

「生きる」は、毎日新聞社が20年以上に渡って続けている「小児がん征圧」を目的としたチャリティーコンサートです。
今回は、日本を代表するバイオリニスト徳永二男さんと、期待の新星三浦文彰さんによる、夢の師弟共演です。

第70回全日本学生音楽コンクール1位入賞者によるコンサート

昨年度2016年に行った第70回全日本学生音楽コンクール全国大会の1位入賞者10人によるコンサート。各入賞者が15分程度のプログラムを披露します。
出演者はいずれも将来を嘱望される学生たち。若々しい才能をご覧いただけます。

第196回毎日ゾリステン

たぐいまれな美声と叙情性豊かな表現力で聴衆を魅了してやまないテノール歌手、吉田浩之さんが、リスト、ショパンの珠玉の歌曲を演奏します。

デビュタントの躍動

アットホーム・コレクション

「アットホーム・コレクション」では、全日本学生音楽コンクールの「横浜市民賞」受賞者をはじめとした若き演奏家の瑞々しい演奏を、少人数規模のサロンや、ミュージアム、病院・福祉施設など身近な場所でお楽しみいただけます。
また市内にキャンパスがあり、音楽教育プログラムの一環としてコンサートを開催している慶應義塾大学やフェリス女学院大学と連携し、学生が主体となるコンサートを行っています。
デビュタントたちの息遣いが間近で感じられるこれらの会場で、彼らの奏でるさまざまな「音」をお楽しみください。

トップページへ戻るページのトップへ戻る